AV女優アルバイト募集

大阪高収入アルバイト | AV女優募集大阪 | モデル募集 | 撮影会 | 関西高収入バイト | | 女性専用エステ大阪| AV女優アダルトモデル
大阪モデル事務所モデルエージェンシーTNS  貴女の価値を高める貴重な体験をしてみまんせんか?

AV女優募集〜AV女優とは〜 (大阪 兵庫 京都 和歌山 奈良 和歌山 関西)

女性の為の情報

簡単 ダイエット

今日から モデルスタイル

高収入の為のバストマッサージ

高収入の為のバストリンパマッサージ2

高収入の為のバストリンパマッサージ3

女性の為のバストアップ

高収入の為のバストマッサージ

早期発見 乳癌予防チェック

他人事ではない 性犯罪

女性の為の セクハラ

女性の為の DVについて

ちょっと Hな豆知識

簡単バイト情報

Hなバイト情報

アダルトバイト情報

AV女優関連項目
アダルトビデオメーカー
AV女優一覧
AV女優のギャラ
アダルトビデオ用語

AV女優募集 大阪

AV女優

AV女優(えーぶいじょゆう)はポルノ俳優のうち、アダルトビデオに、主に性行為をする者として出演している女性のこと。「AV」とはAdult Video(アダルトビデオ)の略である。

紛らわしい言葉として「ポルノ女優」というものがあるが、日本においてポルノ女優という場合は映画館で一般公開される成人映画に出演する者、特に1970年代から1980年代にかけて隆盛を見せた「にっかつロマンポルノ」の出演者を指すことが多いと見られる。これらの女優は演技力も確かな者が多いが、一般の女優として大成した例は少ないが、最近では飯島愛や高樹マリア、及川奈央、蒼井そら、夏目ナナなど女優・タレントに転身する者もいる。(蒼井、夏目はAV出演も継続中)

日本のポルノ映画女優はあくまでも「演技として性行為を演じている」場合がほとんどで、本当に性行為そのもの(いわゆる本番行為)を行う場合が多いAV女優とは一線を画していることに注意が必要。

目次

AV女優概要

 AV女優には、女優の顔と名前で魅力をアピールする単体女優と、女優の魅力ではなく作品の内容(企画)で売るタイプの作品に出演する企画女優の2種類がある。一般にAV女優という場合は単体女優を指す場合が多いが、2000年前後から企画女優の中にも単体女優なみの人気を持つ例が見られるようになった。これをキカタン女優などと呼ぶ(後述)。
 ほとんどのAV女優はAVプロダクション(事務所)に所属しており、出演料を折半することでマネージメントされる立場にある。一部にはプロダクションに属さないフリーのAV女優もいるようだが、例外的な存在と見られる。
  一般の映画やドラマ等の女優とは異なり、単に裸体を撮影するだけなので特に演技力を必要としないという意見がある。ただし全裸になることが前提であり、特に体型というものは化粧や衣装でごまかすことができないため、スタイルなど容姿の良さは厳しく求められると見られる。容姿に恵まれない者は単体女優として扱われにくく、企画物などで別の長所を求められる場合もあると言われる(企画女優として扱われる)。
  とはいえAV独特の演技パターン(性交の直接の相手であるAV男優ではなく、撮影しているカメラに対して目線を向ける、等)に習熟している必要もあり、一定の技能も必要と見る向きもある。AVの普及期である1980年代半ば頃は、一般女優へのステップとしてAVに足を踏み入れたAV女優も少なからずいたと見られ、台詞まわしなどに関して高い演技力を持つ者も見られたと言われる。

 近年のAV女優は過去と比較すると容姿の平均レベルが比較にならないほど上昇している。以前は一般タレントに匹敵するレベルの容姿のAV女優なら内容もソフトで、性交場面も疑似、といったイメージビデオに演出を加えた程度の内容の作品でも充分な販売成績を上げていた。しかし、最近では一般タレントに匹敵するレベルの容姿をもったAV女優はざらになり、一般のグラビアアイドルを凌ぐ容姿のAV女優も数多くなってしまった。それに伴い、元は一線級のAV女優でも、以前より過激な内容の作品(様々な変態的プレイを取り上げた作品など)に出演することを求められるようになってしまった。その上DVDの一般化による作品の長時間化(ビデオ時代は一般的に1本50分から60分、たまに90分の作品あり→DVDでは1本90分から120分、長いと180分から240分以上)、インターネットの普及(ファン同士の情報交換によって作品の評判がすぐ広まってしまうため、手を抜いた作品も作りづらくなった。その上、AV女優のプライバシー保護が難しくなった)も相まって、ほとんどのAV女優を取り巻く環境は年々過酷になっている。

 一般のテレビ局が制作するドラマなどに出演依頼が来ることもあるが、そのほとんどはサスペンスドラマにおける全裸死体の役や入浴シーンのエキストラ役、その他でも時代劇における脇役の遊女の役(同じ遊女や風俗嬢の役であっても、物語の中心を担う役であれば通常の女優が充てられる)、子供向けヒーロー番組における奇抜な衣装を身に着けた宇宙人や悪役組織の幹部役などである。ただし、最近では深夜放送のドラマやバラエティーにAV女優がレギュラーやゲストで出演する事も多くなり、「鬼嫁日記〜いい湯だな〜」で多くの素人AV女優が入浴シーンで出演している。

 このようなドラマへの出演依頼は子供向けヒーロー番組を除けば、やはり「裸体を見せる必要性から」であり、特にサスペンスドラマの場合は、すぐに殺されてしまう役どころであったりするため台詞すらない場合も少なくない。一部では人形を使う場合もあるが、死体の役を演じる際は裸のまま、顔だけでなく全身にメイクを施された状態で長時間外気にさらされるのもごく普通で、時には水に沈められたり土に埋められたりする他、極端な場合には冷蔵庫へ入れられるシーンもあるなど、撮影は過酷で厳しい状況にある。しかし、そういった通常の女優が嫌がる役も積極的にこなす点において、テレビ業界にとっては貴重な存在である。

 実録風のレイプもの作品においては、本当にレイプを記録したものと誤認され、人権団体の批判の対象になったこともある。そのため一時期は、レイプされているのに途中から女性の方から男性に対して積極的な性交を行うといった、非現実的な演出設定にし、フィクション性を強調して回避していた。

 過去には実際に性交は行っていないことが多かった(疑似性交)が、最近ではほとんどのAVでコンドームを付けて性交まで行うようになっていると言われる。コンドームを付けずに中出し行為まで行う例も一部に見られる。
 中野美奈、加護あいり、坂上千里、紋舞らんなど、有名女性タレントのそっくりさんとして活躍するAV女優もいる。人気女性タレントにそっくりな芸名を付けることも多い。
  AV女優などのアダルト関連の仕事に付く者がテレビ番組に出演するのは世界的に珍しく、ほとんど日本だけという見方がある。数少ない例外としては、イタリアのポルノ女優チッチョリーナ(イロナ・スターラ)が国会議員になったという事例がある。 

デビューから引退まで

AV女優は大抵の場合街頭でスカウトされるとされるが、一色あずさなどのようにAVプロダクションや制作会社が行う募集に自ら応募する場合もあると言われる。出演報酬が高いため安易に応募する女性も少なくないと言われるが、顔を見せる女優の場合は写真選考や面接が非常に厳しい。しかし、中には騙されて現場に行き、拒否するも高額の金額を請求されたため、しぶしぶ出演承諾したケースもあるという。
  AV女優は AVプロダクションに所属している場合が大半で、AVメーカー(制作会社)から出演依頼を受けることで初めて仕事(撮影)となる。そのため新人AV女優は仕事を得られるよう、プロダクションのマネージャーと共にメーカー回りをして面接を受ける(魅力をアピールする)場合が多いと言われる。
  一方、芸能界からはアイドルや若手芸能人として失敗した女性が流れ着くこともある。この中には芸能事務所が先の売り出しに失敗した投資の元手を回収するため、本人の意思とは無関係に事務所間を売られたという噂のある女優もいる。
  有名な例としては、一部のメンバーが歌手として成功を遂げた「黒BUTAオールスターズ」というアイドルグループに所属していた矢吹まりな、モーニング娘。の最終予選まで通ったという触れ込みの桃咲あい(江藤ひな)、NHK番組『真剣10代しゃべり場』に出演していた桜一菜、『恋のから騒ぎ』に出演していた平井まりあ、峰なゆかなど。
  また、スキャンダルや不祥事の発覚、品行の不正、あるいは単に売れなかった為に、芸能事務所からマネジメント契約を解除されたアイドルや芸能人がAV女優へと転身する事もある(一部には前所属事務所への当てつけを目的としてAVに出演するケースも見られる)。これもあり、特に不祥事などの理由でアイドル芸能人が事務所を解雇されると、AV女優への転身があるのではないかと、男性向けのゴシップマスコミやスポーツ新聞を中心に様々な憶測が飛び交う事も珍しくない。
  一方で、芸能界デビューへの足がかりという野心的な目的で、とにかく目立とうとAVデビューをするチャレンジャーな女優もいると言われる。
  その中にはライターやカメラマンなどと手を組み、人気芸能人や俳優との間で男女関係のスキャンダルの構図を意図的に作り出し、写真週刊誌やテレビのワイドショーに情報を売り込むか意図的にリークするなどして話題として盛り上げさせる事で、自身の売名のために利用しようと考える者もいる。ただし、この種の目論見がうまく行った事は過去ほとんど無く、多くはハメた芸能人に逆に内幕をばらされてかえって嘲笑の対象となり、特にテレビでは名前も顔も露出する事が無いまま、瞬く間に忘れ去られる事になる(中にはテレビのインタビューに嬉々として出たが、放送では名前は伏せられた上、映像も顔と声に修正を入れられてしまったという哀れな者もいる)。
  AV女優としての寿命は、超人気女優の場合10年近くになる場合があるが、比較的人気のある女優でもほとんどがせいぜい2から3年もてば良い方といえ、標準的な女優で1年程度である。それ以上となると若手に押され飽きられるか、「家族や友人にばれた」などの事情、所属事務所との契約終了により引退するケースがほとんどと見られる。しかし、中には30代以降デビューして人気を集める女優も稀に存在する(いわゆる熟女系 -- 川奈まり子、友田真希、望月加奈など)。
  また、デビューから1年程度経つと、様々な変態的プレイを主眼に据えたものなど、デビュー当初よりも過激な内容の作品への出演依頼が増えてくる。この種の作品への出演の決意が決まらず、何度も出演を躊躇している内に出演依頼が無くなり、事実上の引退となる者も少なくない。
  長続きした人気女優の作品数は、主演作品で50本程度、共演や脇役出演を含めると100本近くになる場合もある。最初の数年間は毎月2本から3本ペースで撮影される。
  改名・整形してイメージを変えた後、再デビューする例も多い。また、引退後にストリップに転向したり、ソープランドなどの性風俗産業に転ずる場合もある。
  人気女優の場合、秋葉原や日本橋の電気街にある映像ソフト店で写真撮影会やサイン会なども開かれる。又、全国のレンタルビデオ店・性風俗店などでも開かれる。
  女優としての寿命は極めて短いが、稀に飯島愛や高樹マリア、及川奈央、蒼井そら、夏目ナナなど女優・タレントに転身する者もいる。(蒼井、夏目はAV出演も継続中)しかし、これらは極めて例外的なケースで、引退後に性風俗産業に転じない限りは、ほとんどが一般人に戻る。現実を見る限り、AV業界から芸能界へと華麗に転身するのは、普通に素人から芸能人を目指すよりもかえって難しい。

人物像

以前は、AV女優になった人にきっかけを問うと、下記の2つに大別できた。
  高額な出演報酬が必要なため(安易に金を得る手段)
  性的好奇心や性欲の解
  最近は時代の変化からか、そのような人だらけではなく、飯島愛に憧れ一般のタレントになれるかもしれないと淡い夢を抱いている者や、現役のタレントではあるが成功出来ない者が再起を賭けて出演する事例が増えているという意見がある。このような例としてはレースクイーンやお菓子系アイドルがグラビアタレントになり損ねたケース、大手芸能事務所に圧力をかけられた弱小事務所所属のタレントがあげられる。特にお菓子系アイドルは声優や地下アイドルとともに狭義の「芸能人」に含まれないので、一般の芸能人に転身するのが不可能な場合はAV女優に転身するケースが多い(声優や地下アイドル出身のAV女優もいるが、お菓子系出身のAV女優と比べると数は少ない)。また、はじめからAV女優になることを前提に最初はグラビアアイドルやタレントとしてデビューさせ、人気が出たところでAV女優にさせるという「芸能人」の肩書きを利用したケースも出てきている。自らアダルトビデオメーカーのAV女優の募集に応じたり、オーディションに応募する場合も多い。
  AV女優がタレントなどとしてテレビに出演することは以前はあまり考えられなかったが、一般のテレビアイドルと変わらない容姿をもつAV女優が増えていること、お笑いタレントなどと同様に一般芸能人よりは出演料を安く抑えられることから、深夜番組を中心に起用するなど、状況が少々変わってきている。
  ごく一部に例外的ではあるが、以下の例がある。
  黒木香が横浜国立大学在籍の才媛として、一種の文化人的なポジションでテレビに積極出演していた時期がある(1980年代末)。当時はAVが社会現象的に普及した時期で、盟友と見られたAV監督・村西とおるとセットで、かなりの頻度でテレビ出演を行っていた。
  桜樹ルイ(元々はアイドル集団「モモコクラブ」にいた)がNHKのテレビ番組に出演した例。
  飯島愛がタレントとして活躍し、彼女の自伝本『プラトニック・セックス』がベストセラになった例。
  墨田ユキ、小松みゆき、高樹マリアが一般の女優になった例。
  小林ひとみ、葉山レイコ、朝岡実嶺が一般のドラマや一般の映画のお色気女優になった例(葉山レイコはその後 NHK の語学番組に出演)
 その他、雑誌のグラビアをヌード以外で飾る女優や、一般の映画のお色気女優として出演したり、中にはインターネットや衛星放送、地方局などで自分の番組を持ったりするなど、あらゆる方面で芸能人として活動する者もいる
  最近では、及川奈央・夏目ナナ・蒼井そら・小澤マリアら、現役・もしくは引退した女優がドラマやバラエティ番組に出演したり、CM・広告のモデルとして活動するケースもある。

企画女優  AV女優には2つの側面があり、顔と名前を出してビデオに出演する女優(単体女優)と顔や名前を出さないでビデオに出演する女優(企画女優)がいる。上述の記事は、主に「単体女優」についてであるが、この章では「企画女優」について紹介する。
  企画女優になる人の条件としては以下の4つが挙げられる。
  スタイルは良いが、顔貌に難がある人
  出演を他人に知られたくない人
 アルバイト感覚での出演(1〜3本程度の契約、月1回程度の出演など)
  上記のうち複数の項目を網羅している人
  企画女優としての出演は、名前だけを隠す、顔と名前の両方を隠すという2種類の出演方法がある。
  企画女優は入れ替わりが早いため、名前が売れているAV女優に比べ非常に多くの女性が登録している。そのため、副業としての出演(本業はファッションヘルスやソープランドなどで働いている女性や知名度の低いタレント、レースクイーンなど)が多い。
  企画女優の中でも、単体女優並みに人気が出てファンの間で顔や名前が知れ渡り、複数の作品に継続的に出演する例もある。そういった企画女優をキカタン(企画単体女優の略称)と称することもある。
代表的なキカタン女優
長瀬愛、堤さやか、桃井望、笠木忍、朝河蘭、三上翔子、立花里子、紅音ほたる、楓アイル、椎名りく、長谷川ゆい
  単体女優は成年向け雑誌広告やインターネットなどの宣伝も広範に行うため出演料は高いが、企画女優の場合、出演内容にもよるが出演料が非常に安い。しかし、単体女優のように引退の時期がなく、一般誌などで宣伝されない(パブNGなどと言う)のでAV出演を周囲に知られる可能性が低く、出演する気さえあれば続けていけると言われる。
  企画女優が注目されるようになった背景としては、AV界にインディーズメーカーのブームが起きたことが上げられる。インディーズメーカーとは、ビデ倫に加盟せず過激な内容の企画物AVを制作するAVメーカーのことで、作品をレンタルビデオ店に置くことが出来ず、セルビデオが主体の場合が多い。つまりインディーズ作品は、出演しても周囲にバレる危険が低い。そこでインディーズ作品には、若くて容姿にも恵まれながら周囲にバレるのを恐れる女優が数多く出演することになり、容姿の面で単体女優にも劣らない企画女優が多数生まれることになったと見られる。

単体女優の仕事

  一般的に主演した場合の出演料は1作目が一番高くそれ以後は徐々に安くなっていくことが多く、超人気女優の場合は1本100万円以上となるのが相場であると言われる。ただし出演料のかなりの部分は所属のAVプロダクションに取られ、女優が手にするのは一部分だけという場合が多い。
  撮影日数は短い時で約1日から3日、長い場合は1週間などで終わる。
  新人女優なら、主にすることといえば出演男優のいいなり、あるいは受身をする役ばかりで、後はHをして、声を出すなりアドリブで演じる。
  ある程度出演本数が多くなってくると、レイプ物やぶっかけ物など、過激な内容をやらされることが多い。又、男優を攻める立場を演じたり、ストーリー性のある作品で、(本格的に近い)演技に挑戦したりもする。

[編集] いわく付きAV女優

アイドルなどからAV女優に転身した者の一覧。「少しグラビアの仕事をしたことがある」程度の人間を含めるときりが無いので、AV以前の活動期間が2年未満のものは除く。(カッコ内はAVデビュー時期)

  • 葉山レイコ(1988年9月24日) - グラビアアイドル。AV引退後は女優として活動。
  • 小松みゆき(1993年1月24日) - グラビアアイドル。AV引退後は女優として活動。
  • 萩原舞(2003年9月12日) - お菓子系アイドル。
  • YUKA(2004年3月26日) - 女優、小島由佳。『岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 番長足球』『棒 Bastoni』など出演。
  • 北島優(2004年4月23日) - お菓子系アイドル。
  • 小沢なつき(2004年4月30日) - 1980年代のアイドル歌手。『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』主演。
  • CHACO(2004年10月14日) - アイドル歌手、小林久子。制服向上委員会3期生。
  • みひろ(2005年1月28日) - お菓子系アイドル。
  • 東城えみ(2005年10月20日) - プロレスラー。JDスター女子プロレス・アストレス2期生。
  • 青木りん(2006年5月7日) - グラビアアイドル。
  • 範田紗々(2006年7月6日) - グラビアアイドル。
  • 桃瀬えみる(2006年7月21日) - お菓子系アイドル。
  • 荒井美恵子(2006年10月19日) - 1990年代のグラビアアイドル。ギリギリガールズメンバー。
  • 櫻井ゆうこ(2007年1月5日) - グラビアアイドル。
  • 山崎亜美(2007年2月8日) - 子役アイドル。ねずみっ子クラブメンバー。千夏名義の出演も。
  • 琴乃(2007年4月5日) - グラビアアイドル。プチエンジェル第2期生。
  • きこうでんみさ(2007年5月3日) - アキバ系アイドル。

参考文献

  • 永沢光雄 『AV女優』 ビレッジセンター出版局、1996年。 AV女優となった42人の女性へのシリアスなインタビュー・・・とされるが、実際には女優が大げさな作り話をしている部分が多いと見る向きもある。
  • 永沢光雄 『おんなのこ(AV女優2)』 コアマガジン、1999年。

 

AV女優 募集 大阪 アダルトバイト 女優募集 男優募集 モデルプロダクション 関西 高収入バイト 高収入 即金 SM 調教 女性用 モデル モデル事務所 小学生 中学生 高校生 バイト
撮影ビデオ高価買取中
AV女優 アダルトバイト(アダルトビデオ出演)
紹介者に最高10万円プレゼント!
AV女優 モデル 募集AV女優募集 | サイトマップ | 個人情報について | サイト運営 | ©2006 モデルエージェンシーT.N.S.

動画 アダルト動画 ライブチャット